間接カードの手順はたやすいです。カードによってそのまま支払えない販売物をダイレクトに支払うという手段ではなく間接的に注文した方がより良いです。表現が簡素という理由で、先にギフト券のモデルを採用して表現してみたいと思っています。モデルになる若者が有名な銘柄のカバンを手に入れたいとそれを見ています。手に入れたい有名な財布を販売している店舗だとカードで購入することが無理です。しかしAmerican Express、NICOSなどののギフト券を使用すれば購入を許可してくれるのです。だから個人はクレジットで商品券を買い付けした後でギフト券のを売っているショップに行きクレジットカードを用いてVISA、MasterCard、NICOSなどの金券を注文してみます。次いで利用したカードを駆使して買い取ったMasterCard、NICOSなどのギフトカードをショップに携えて向かい、購入したかった素晴らしいカバンを買い取ったとします。「なぜ商品券で購入した人は例のような面倒くさいやり方をしているのでしょう?」と思われる人もいるかもしれませんが先ほど示した手法を使用するのだったら一般であったらもらえる事がないカードポイントが得られます。普通、お金を使う事で高価な服を買い付けしたりした場合でもクレジットポイントは得られませんしVISA、Diners clubなどの商品券を直接お金で買い取り後に使ってもカードポイントは得られません。でも解説した状況の時はJCB、Diners clubなどののギフト券をカードで注文したので有名な銘柄のアクセサリーを注文したケースと同じ量だけクレジットポイントがもらえるようになります。これが直接商品を買わずにカードローンを用いた事になっているため直接でないクレジットと言われる方法です。