店舗で全部の保有カードが切れるのではありません。▽クレジットカードの契約店舗は多くは多くのカードブランドと契約していますが、いかんせん全部の店舗で一切のサービスの契約カードが切れるんではありません。例をあげていうと古い商店の際だとJCBのマークの付いているそのカードしか使用不可な場合もありますし近頃のショップならばビザとかMasterCardブランドの入っているやつしか切れない場面もあります。ダイナースクラブカードに類するクレカの場合にはさらに決済不可な場面が増えるでしょう。何のロゴの所有クレカが使えるかをいかに見分けたらいいのか?「ならばいかなる方法でどのブランドのクレジットカードが切れるかを見たらいいものか?」といってはみたものの、きちんとしたことを理解するためには該当店の方に見せてみる以外にはないというのが残念だけどその答えです。とはいえ大抵の商店やホテルには店舗の見えるところなどに切れるカード会社のロゴが入っているシールが貼り付けられているので「ああ、そのお店ではライフカードが切れるのか」というのがわかるようになってるし確認しておいていただけるとよいと思います。しかしながら、十分に確認が行き届いていない加入店で用いる際にはロゴが掲載されている場合でも「ここではお客様のクレジットカードはご使用になれません」という対応をもらう状況もないわけでもなく困惑してしまう状況に出くわしかねません。欲を言えばできる限りは全部のショップでクレジットカードが使用できるようにしたいならば別のブランド(海外ロゴ)が書かれている一般的なMasterCard、JCB、アメックス、などのカードを2枚以上携帯するようにして欲しいと思います(例:UCカードを使っているなら次はMasterCardがついているクレジットカードを財布に入れておく等)。特に国内においては、VISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が入ったクレジットカードを常に使っていればほとんどの加盟店舗で少なくとも1枚のカードを渡す機会があります。カードを使用してカードライフを目指すならばきっちりと上記のクレカを申し込んでおいてほしいとおもいます。